CNC工作機械の位置決め精度を検出する7つの方法

 

CNC工作機械の位置決め精度は、数値制御装置の制御下で工作機械の各座標軸を移動させることによって達成することができる位置精度を指す。 CNC工作機械の位置決め精度は、工作機械の動作精度として理解することができます。普通の工作機械は手動で送られます。位置決め精度は主に読み取り誤差によって決まります。 CNC工作機械の移動はデジタルプログラム命令によって実現されるため、位置決め精度は数値制御システムと機械的伝達誤差によって決まります。

CNC工作機械はデジタル制御工作機械の略で、プログラム制御システムを備えた自動工作機械です。制御システムは、制御コードまたは他の記号的命令を有するプログラムをコード化されたデジタル表現を使用して論理的に処理しそしてそれを復号化することができ、南京第四工作機械有限公司は情報担体を通して数値制御装置を入力する。演算処理により、差動制御装置から工作機械の移動を制御するための各種制御信号が発せられ、図面に要求される形状や大きさに応じて部品が自動的に加工される。

工作機械の各可動部の移動は、数値制御装置の制御により完了する。プログラムコマンドの制御下で各可動部分が達成できる精度は、機械加工部分が達成できる精度を直接反映しています。したがって、位置決め精度は重要なテストです。コンテンツ。

1.直動位置決め精度検出

直線運動位置決め精度は、一般に、工作機械およびベンチ上の無負荷条件下で行われる。国内規格および国際標準化機構(ISO規格)の規定によると、CNC工作機械の検出はレーザー測定に基づく必要があります。レーザー干渉計が存在しない場合、平均的な使用者が比較測定のために光学的読み取り顕微鏡を備えた標準スケールを使用することも可能である。ただし、測定器の確度は測定確度より1〜2レベル高くなければなりません。

すべての誤差を多重測位に反映させるために、ISO規格では、5つの測定データに基づいて各測位点で平均値と分散差、および分散帯域によって形成される分散差帯域を計算することが規定されています。

2、直動繰り返し位置決め精度検出

試験に使用した機器は、位置決め精度を検出するのに使用した機器と同じである。一般的な検出方法は、各座標ストロークの中間点と両端の近くの任意の3つの位置で測定することです。各位置を素早く移動し、同じ条件で位置決めを7回繰り返します。停止位置の値が測定され、最大の読み取り差が得られます。 3つの位置の間の最も重要な違いの半分を取って、座標の繰り返し位置決め精度として正と負の符号が付けられます。これは軸運動精度の安定性を反映する最も基本的な指標です。

3、直線運動原点復帰精度検出

原点復帰精度は、基本的に座標軸上の特定点の繰り返し位置決め精度であるため、その検出方法は繰り返し位置決め精度と全く同じです。

直線運動の逆エラー検出

ロス量とも呼ばれる直線運動の逆誤差には、座標軸フィードチェーン上の駆動位置(サーボモータ、サーボモータ、ステッピングモータなど)の逆方向不感帯と、各機械式モーショントランスミッションペアAが含まれます。バックラッシュや弾性変形などの誤差の反映。誤差が大きいほど、位置決め精度が低くなり、繰り返し位置決め精度が低下します。

逆誤差の検出方法は、測定座標軸のストローク内で距離を前後に移動させ、その停止位置を基準にして、同じ方向に特定の移動指令値を与えて距離を移動させる方法である。 。次に反対方向に同じ距離を走り、停止位置と基準位置の差を測定します。ストロークの中点と両端付近の3点で測定を複数回(通常は7回)行い、各位置での平均値を求め、その中で最大値が逆誤差値となる。 。

5.回転テーブルの位置決め精度検出

測定機器としては、標準タレット、角多面体、円形格子、コリメータ(コリメータ)などがあり、具体的な条件に応じて選択できます。測定方法は、テーブルを角度を付けて前進(または後退)させ、停止、ロック、および位置決めすることです。この位置を基準として使用してから、テーブルを同じ方向にすばやく回転させ、30ロックごとに測定します。正転と逆転をそれぞれ1週間測定し、各位置決め位置の実回転角度と理論値(指令値)との差の最大値が除算誤差です。CNCロータリーの場合表では、正と負の方向から7回すばやく位置を特定するには、各目標位置について30ごとの目標位置にする必要があります。そして、実際には面積と目標位置の差に達します。平均位置偏差と標準偏差、すべての平均位置偏差の最大値と標準偏差の差、およびすべての平均位置偏差と標準偏差の合計を計算します。標準偏差。 CNCロータリーテーブルの位置決め精度誤差です。

乾式変圧器を実際の使用要件に鑑みると、0、90、180、270などのようないくつかの等しい角度の点を測定することが一般的に不可欠であり、これらの点の精度は1レベル改善されることが要求される。他の角度位置と比較して。

6.ロータリーテーブルの繰り返しインデックス精度検出

回転テーブルの1週間に3箇所で測定方法を3回繰り返し、検出を順方向と逆方向にそれぞれ行う。すべての測定値の値と対応する位置の理論値との差の最大値。 CNCロータリーテーブルの場合は、30点ごとに1測定点を目標位置とし、目標位置ごとに正方向と負方向からそれぞれ5回の高速位置決めを行い、実際の到達位置と目標位置の差を測定します。すなわち、位置偏差は、数値制御の繰り返しインデックス精度である各測定点の標準偏差の最大値の6倍であるGB10931-89で規定された方法に従って標準偏差を計算します。ロータリーテーブル、回転盤。

7.回転テーブルの原点復帰精度検出

測定方法は、任意の7箇所から原点復帰を行い、停止位置を測定し、読み取った最大差を原点復帰精度とします。

現在の位置決め精度の検出は、高速かつ位置決めの条件下で測定されることに留意されたい。送りシステムがあまり良くない一部のCNC工作機械では、送り速度を変えて位置決めすると、異なる位置決め精度値が得られます。また、位置決め精度の測定結果は、周囲温度と座標軸の動作状態とに関係しています。現在、ほとんどの数値制御工作機械はセミクローズドループ方式を採用しており、位置検出部品は主に駆動モータに搭載されており、1mのストロークで0.01〜0.02mmの誤差を生じている。変ではありません。これは熱伸びによる誤差で、一部の機械では衝撃を軽減するためにプレストレッチ(事前締め付け)方式を使用しています。

各座標軸の繰り返し位置決め精度は、軸の運動精度の安定性を反映した軸の最も基本的な精度指標を反映しており、精度の悪い工作機械を安定して生産に使用できるとは言えない。現在、数値制御システムの機能の数が増加しているため、ピッチ累積誤差およびバックラッシュ誤差などのシステム誤差は、各着座噴射器の運動精度に対して補償することができる。ランダムエラーのみを支払うことはできず、繰り返し位置決め精度が繰り返される。送り駆動機構の絶対ランダム誤差を反映しています。 CNCシステム補正で補正することはできません。許容範囲から外れていると判断された場合は、送り駆動チェーンの微調整のみが行われます。したがって、工作機械を選択できる場合は、再現性の高い工作機械を選択することをお勧めします。

コメントを追加

ja日本語
en_USEnglish zh_CN简体中文 es_ESEspañol hi_INहिन्दी arالعربية pt_BRPortuguês do Brasil bn_BDবাংলা ru_RUРусский pa_INਪੰਜਾਬੀ jv_IDBasa Jawa de_DEDeutsch ko_KR한국어 fr_FRFrançais tr_TRTürkçe pl_PLPolski viTiếng Việt ja日本語